面倒くさがり屋でも簡単にできるまぶたたるみケア

え?90%以上の女性が評価しているアイクリームって!?

アイクリームはいつものスキンケアの前後(アイクリームによって使用方法が違います)にササッと塗るだけです。浸透性の高いクリームを使えば馴染ませる時間も短縮されるので時短スキンケアしつつ美容効果も得られるんですね。そこで、浸透性がよく評判のいいアイクリームを紹介します。

 

目のラインが下がってきた・・・

目元が乾燥して小じわが目立つ・・・

目元のたるみが気になる・・・

 

私自身このような悩みがありました。でもいくつかのアイケア商品を使ってみて、本当にまぶやや目元のたるみに効果があったものをランキング形式でご紹介します。

 

時短アイケアにおすすめのアイクリーム!

1位:Pearl Noobuパールノーブ

浸透性がよく保湿力に優れているのがPearl Noobuパールノーブです。保湿や弾力に必要なコラーゲンやヒアルロン酸・エラスチンを作り出す手伝いをしてくれる「パルミチン酸レチノール」こ高濃度で配合しています。肌本来の力でハリと弾力を取り戻す手伝をしてくれるんです。

 

無添加なので敏感肌の人にもおすすめです。少量でも保湿効果を実感できると、大手口コミサイトで特に40〜50代の人から高評価を得ています。浸透性がいいので、忙しくて時間がない人でも簡単に使えて乾燥やたるみを改善してくれるというずぼらちゃんにもありがたいアイクリームです。

 

 

2位:ミスパリアイクリーム

朝晩両方で使用できるのがミスパリアイクリームです。藤原紀香さんが紀香バディで美肌レシピの一つにおすすめしています。従来のコラーゲンの浸透力を高めた浸透型コラーゲンを配合しているので、肌の奥への浸透力が高いです。

 

ミスパリの施術でも実際に使われているので成分も肌に優しく作られています。メイク下地にも使えるので朝晩使い分けもできます。量もたっぷりで顔全体に使えるので目元と顔全体まとめてケアしたい人におすすめです。

 

 

3位:ROSY(ローズィー)

顔全体のリフトアップを目的に作られたのが「ROSY」です。血行促進効果のあるゲルマニウムを配合していて、毎日の30秒マッサージで、リンパの流れをよくしてまぶたのたるみを改善することができます。顔全体を引き上げることで、目元のリフトアップもできるんですね。

 

エステが自宅で小顔フェイシャルを体験できるように作られているので、クリームの伸びがよく肌への負担を軽減されています。保湿とリフトアップを同時にしたい人におすすめです。

 

 

 

 

 

早め早めのケアが大切!

季節の変わり目、年齢などで最近まぶたのたるみが気になる・・・。まぶたがたるむと一気に老けてみられるし、目も小さく見えるなるなどいいことなし。特に30代後半からまぶたがたるみ始める人が多いです。早い人だと20代後半のお肌の曲がり角と言われる年齢から出始める人もいるなど、時期は人それぞれ。

 

毎日ちゃんとスキンケアをしているけどなんでたるむの?と思うかもしれませんが、目元は顔の中で一番皮膚が薄く、通常の保湿だけでは潤いをキープできないんです。主な原因は目のまわりの筋力の低下や乾燥・紫外線などのダメージからきているといわれています。しっかりとした保湿ケアをすれば目元のハリを取り戻すことは可能です。

 

すでにたるみを意識して時間をかけてしっかりしたスキンケアをしている人もいるかもしれません。しかし、仕事が忙しかったり、スキンケアに時間かけたくないというずぼらちゃんにおすすめしたいのがアイクリーム。今のスキンケアで目元以外の肌に問題がないのであれば、ベースのスキンケアを変える必要はないです。ただ、目元だけは目元専用の化粧品を使うのが一番の得策です。