20代からのケアでまぶたのたるみを予防しよう

20代後半から急激に肌が変わります

顔全体のたるみの中で一番変化を感じやすいのがまぶたのたるみ。一般的に20代後半から始まると言われています。俗にいう”お肌の曲がり角”ですね。たるみの原因は目のまわりの筋力の低下や乾燥・紫外線のダメージと言われています。まぶたがたるむことで一気に老けた印象を与えてしまいますよね。

 

シワなどと違い、まぶたのたるみはじわじわと進行していくので20代後半に始まるとしても軽い程度じゃ気づきにくいんです。そのため20代では自覚してない人がほとんど。いつまでも若くありたいと思うのであれば、悪化する前に20代後半になるとまぶたのたるみは始まるんだと自覚して予防のケアをすることが必要です。

 

すでにたるみに悩み始めている20代の人でも予防をしたい人に共通しておすすめするのは毎日の保湿ケアとマッサージです。保湿ケアに使用するのにアイクリームが一番効果的です。顔全体に使用する保湿ケアだと目元はすぐに乾いてしまいます。どの肌質の人でも目元は皮膚が薄く乾燥しやすいので、目元専用につくられたアイテムを使用する事が予防や改善に大切です。

 

アイクリームを選ぶポイントは保湿成分を配合しているもの、ハリを出すものなどがいいですね。保湿成分としてはレチノール配合のものがおすすめです。細胞内でのコラーゲン生成の手伝いをしてくれるので、肌の内部からハリを出してくれ目元の潤いをキープしてくれるからです。アイクリームを塗る時には、馴染ませると同時にくるくると目のまわりをマッサージするのも効果的です。マッサージの時は力を入れず優しくゆっくりおこなってくださいね。

 

「高濃度レチノール配合のPearl Noobuパールノーブがおすすめ」