40代〜50代のまぶやのたるみ対策

40代以上になったらアイクリームで保湿しよう!

今まで気にならなかったたるみやしわも40代になると無視できないほどかなり目立ってきたという声を多く聞きます。特に多いのは、友人と話している時などに本人は全然元気なのに「眠いの?」と聞かれることが増えたということ。これがきっかけで自分の目元を見なおしたら「以前よりも目が垂れてるし、しわも深くなってる・・・」など、深くなった目元のしわなどにやっと目を向けるんですね。

 

年齢に関係なく改善できる!

原因は加齢もありますが、一番の老化の原因は紫外線ダメージです。外出する時に日焼け止めを塗ったり、UV対策をさぼっていたのが、しわやたるみを悪化させたんです。”年齢だからしょうがない”なんて諦めるのはもったいないです。できてしまったしわやまぶたのたるみは、年齢に関係なく改善することはできます。

 

まず、外出する時のUV対策をしっかりすること!日焼け止めを塗ったり、ファンデーションなどはUV加工されているものを使用することです。スキンケアは保湿重視で、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの有効成分配合のものを使って肌の奥まで届けてあげる事が大切です。40代〜50代は化粧水の後に美容液の使用も必須になってきます。

 

アイクリームでの保湿が大切!

美容液は化粧水では補いきれない有効成分を配合しやすく浸透性も高いので、保湿やアンチエイジングに有効な成分を肌の奥まで届けてくれる役割があります。美容液だけでは乾燥する人は、最後に保湿クリームを塗って水分が蒸発しないようにしっかり蓋をしてあげましょう。

 

肝心な目元のケアは保湿性の高いアイクリームを塗って保湿する事が重要です。目元は他の肌に比べて特殊な構造になっているので、目元の事を考えられたアイテムがしわ・たるみには必須なんです。最近良く聞くアイテムは、肌内部のコラーゲンをつくりだしてくれるレチノール配合のPearl Noobuパールノーブが人気ですね。

 

パールノーブの詳細はこちら